kyukeinojikan

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラックジョーク 

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:25:14.92 ID:BLcI0yRY0
「患者さん。いいニュースと悪いニュースがあるのですが」
「なんですか看護士さん?それじゃいい方から聞かせてください」
「主治医の先生はあなたの病気にあなたの名前を付けるそうです」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 15:27:16.52 ID:2BEYRw9I0
病名に患者の名前が付くことなんてあるのか?

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 15:32:35.77 ID:uGMsVnAB0
普通医者の名前が付くな




PR  【楽して金、稼 が な い か ?】

この記事がおもしろいと思ったらポチっとよろしくお願いします^^
6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:29:46.81 ID:BLcI0yRY0
女の一生は球技のボールに譬えることができる

18歳、女はサッカーボール
22人の男が彼女を追いかける

28歳、女はホッケーのパック
8人の男が彼女を追いかける

38歳、女はピンポンの球
2人の男が彼女を押し付け合う

48歳、女はゴルフ ボール
1人の男が彼女の後をトボトボついて歩く

58歳、女はドッヂボール
みんなが彼女を避けようとする

90歳、女はボーリング
みんなは静かにその姿を見送り、残した数字の大小に一喜一憂する


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:32:31.93 ID:BLcI0yRY0
「号外!号外!二人の男が詐欺にあったよ!」
「一部くれ。なんだ、何も書いてないじゃないか」
「号外!号外!三人の男が詐欺にあったよ!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:40:12.13 ID:BLcI0yRY0
女「入るの!?ここ、入るの!?ねぇ!!ホテル、ホテル行くの!?」
男「あぁ、ホテル行くよ」
女「本当!?大丈夫なの!?Hなことしない!?」
男「あぁ、休憩するだけだから大丈夫だよ」
女「そうかぁ!私酔ってるから!酔ってよく分かんないから!」
男「そうだね。酔っ払いだね」
女「うん!でも休憩なんだ!そうなんだぁ!じゃぁ入っていいんだよね!」
男「そうだよ。部屋入っていいんだよ」
女「よかったぁ!じゃぁ脱ぐね!服脱ごう!」
男「うん、裸になろうね」
女「あぁ!Hなことしないから大丈夫だね!ね、今日会ったばかりの人!」
男「うん、先にベッドに行ってていいよ。ヘヘヘ…」


男「あぁー朝起きたら隣の人にヒゲ生えてるよー!みんなも気をつけようねー!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:41:43.71 ID:BLcI0yRY0
不幸な身の上のジョンはある日、孤児院の先生に尋ねた。

ジョン「先生。どうして僕にはパパとママがいないの?」
先生「あなたのご両親はね、ジョン。あなたが小さい頃、黒人の強盗に殺されてしまったのよ」
ジョン「どうして僕は歩けないの?目が見えないの?」
先生「その強盗にひどいことをされたからよ」

ジョンは黒人を恨んだ。全ての黒人を憎んだ。
無理だと分かってはいたけれど、いつか犯人を探してぶち殺してやろうと思っていた。
ある日先生がいった。

先生「喜びなさい、ジョン!あなたの足と目が治るのよ!」

ジョンはまず足の手術を受けた。
そして目の手術をした翌日、ジョンは治ったばかりの足で電車の前に飛込んだ。


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 15:53:41.99 ID:INEoRzHqO
>>14
これ見る度に思うが、目が治ってすぐに黒色ってわかんないだろ。


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:43:04.03 ID:BLcI0yRY0
ジョージ・ブッシュが死んで天国の門番のところにやってきたそうだ。
そこで、門番にこう言われた。
「お前は本物のジョージ・ブッシュか?ならば、証拠を見せよ。
アインシュタインがここにやって来たときは、相対性理論について語ってくれた。
ベートーベンが来たときには、ここで運命を演奏してくれた。さて、キミは何をする?」
ブッシュはしばらく考えてこう言った、「ええっと、アインシュタインとベートーベンっていったい誰ですか?」
すると門番は言った、「確かにキミはジョージ・ブッシュだ!疑って悪かったな。さあ、ここを通れ。」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:44:44.34 ID:BLcI0yRY0
トニー・ブレアとジャック・シラクとジョージ・ブッシュがある研究所に集められ
ウソ発見器にかけられることになった。研究者が3人に言った。
「この椅子に座って日頃から考えていることを自由に喋ってください。
もしそれが嘘だったら、ビーッと音が鳴ります」

まず初めにブレアが装置を頭に付け、椅子に座った。
ブレアは言った。
「私はいつも考えています。イラクに真の平和が訪れればいいなと」
「ビーッビーッ」

次にシラクが座って喋り始めた。
「私はいつも考えています。イラクが豊かな国になって繁栄すればいいなと」
「ビーッビーッ」



最後にブッシュが椅子に座って喋り始めた。
「私はいつも考えています」
「ビーッビーッ」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:46:44.03 ID:BLcI0yRY0
クリスマス、トムはサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしていた。
朝起きるとクリスマスツリーの下にプレゼント箱が3つほどあった。
窓からサンタが中を覗いているのが見える。サンタはニタニタと
笑いながらトムを見ている。トムはニタニタ笑っているサンタを見て少し
不機嫌に思いながらもプレゼントの置いてある所に行った。トムはまず
一つ目のプレゼントを手に取った。サンタは更にニタニタと笑っている
プレゼントの箱を空けると中から長ズボンが出てきた。トムは少しがっかり
したような表情をしながらも次の箱を手に取った。サンタは腹を抱えて
笑っている。二つ目の箱を開けると中からサッカーボールが出てきた。
トムはますます不機嫌になり、とても腹が立った。
トムは続けて一番大きな最後の箱を開けた。
すると辺りが眩い光に包まれ、トムは目が眩んでしまった。
トムがゆっくり目を開けると、トムは一番欲しかったものを手に入れていた。
サンタの姿はすでに消えていた。
トムの目には嬉しさのあまり涙が流れていた。

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 15:50:55.83 ID:6WdfPb1E0
>>21
感動したwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwらめえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 15:52:13.84 ID:FURSqSMs0
>>21
バカですまん。解説プリズ


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 15:52:47.50 ID:6WdfPb1E0
>>27
トムには脚がなかった


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:48:30.91 ID:BLcI0yRY0
神はまず天と地を作った。海と山を作った。
そして日本という国を作った。
日本には世界一勤勉な人々と、世界一うつくしい風景と、
世界一おいしい食べ物と、世界一過ごしやすい気候を作った。
天使がいった。

「神様、これではあまりに日本が恵まれすぎています!」

神はこたえた。

「心配するな。となりに韓国を作った」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:49:52.71 ID:BLcI0yRY0
セントルイスにあるワシントン大学の医学生として、私は難しい物理の授業を受けた。
ある日、我々の教授が、中でも複雑な物理の概念について講義を行った。
その時、ある学生が無礼にも教授の話をさえぎり質問した。
「なんでこんな難しいことを学ばないといけないんですか?」
「命を救うためだ」と教授はすぐに答え、講義を続行した。

数分後、同じ生徒が、しつこくまた質問した。
「だったら、どうやって物理が人間の命を救えるんですか?」

すると教授はこう答えた。

「物理は君のような出来の悪い生徒を医学部から追い出せるからだ。」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:52:42.22 ID:BLcI0yRY0
3月が終わったばかりの、ある寒い夜のことだ。
ある男が、分娩室の前で祈りを捧げていた。

男:「神様、どうか妻とわが子を助けてください」

男の妻は生まれつき体が弱く、出産に耐えられないため帝王切開を選んだが、それでも命さえ危険であった。
妻と、エイプリルと名づけたまだ見ぬ我が子の無事を祈って・・・
その時、分娩室のドアが開いた。

医者:「極めて難しい手術でしたが、お子さんも、奥様も、良好な状態です。おめでとうございます」

男は喜びに涙を流し、分娩室に駆け込んだ。
が、そこにいたのは手術台の上で血まみれで絶命した妻と、床に落ちて死んだ我が子だった。

背後で医者が叫んだ。

医者:「エイプリルフール!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:55:00.03 ID:BLcI0yRY0
あるアメリカ人の脳に腫瘍があることが分かった。
おまけに大きすぎて手術もできないとのことだった。
残された道は脳移植しかない。
担当医の説明によると、日本人の優秀な技術者の脳は 50ドル/100 g、
イギリス人の由緒ある貴族の脳は 60ドル/100 g、韓国人の脳はなんと 13,000ドル/100 g。

怒り狂ったアメリカ人が言う、「それじゃ、ボッタクリでしょうが。何で韓国人の脳がそんなに高いの?」

医者が答える、「あなたね、100 g の脳を集めるのに韓国人が何人いるか分かってますか?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 15:55:44.17 ID:jORWcFiF0
>>35
これは黒い


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:56:27.77 ID:BLcI0yRY0
3人の兄弟が山登りに行って遭難した。
夜になって、「このまま死ぬのか?」と思ったとき、1件の民家が見えた。
助かったと思い訪ねてみると、その家には美人の娘と、めちゃくちゃ怖そうな親父が住んでいた。
「よそ者は泊めない」という親父を、「かわいそうだから」と娘が説得し、
物置小屋に一晩泊めてもらう事に。しかし、その娘のあまりの美しさに目がくらんだ3兄弟は、
夜中にトイレに起きてきた娘に襲いかかった。

しかしすぐに親父に取り押さえられ、「お前等、全員殺す!!」と日本刀を抜かれた。
だが3兄弟は土下座して必死に謝った。父親は、「ここは山奥で食料も少ない。
山から食料を持ってきたら、山のふもとへ抜ける裏道を教えてやろう」と、条件を出した。
3人はすぐに小屋の近辺を探した。

はじめに戻ってきたのは次男だった。次男は、山ブドウを持ってきた。
それを見た父親は、「それをケツの穴にいれて見ろ」と言った。
次男は言われるまま、1粒のブドウを自分のケツの穴に入れた。
そして次男は裏道を教えてもらい、無事山を降りた。

次に、三男が大きく実った栗を沢山抱えて戻ってきた。
父親は同じようにケツの穴に入れることを命じた。
三男は必死に頑張って、栗をケツの穴に入れ始めた。
もう少しで入るという所で、三男は何故か笑ってしまい、栗はケツの穴からいきおい良く飛び出した。
三男は、そのまま父親に殺された。

三男は見てしまったのだ。
嬉しそうに、スイカを抱えてこちらに走ってくる長男の姿を・・・



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:00:41.02 ID:gypIFTbWO
>>38
これはwwwwwwwwwwww


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:58:08.00 ID:BLcI0yRY0
小学校を訪問していたブッシュ大統領が、あるクラスで質問した。「誰か "悲劇" の例を挙げられる子はいるかい?」

小さな男の子が立ち上がって答える、「隣に住んでる一番仲のいい友だちが道で遊んでいます。そこへ車が来てひき殺されちゃったら、それが悲劇だと思います」
「いや。その場合は、"事故" だろうね」、ブッシュが答えた。

今度は女の子が手を上げた。「スクール・バスに 50 人の子が乗っています。崖から落ちてみんな死んじゃったら、それが悲劇だと思います」
「残念だがね、それはね、"大きな損失" って言うんだよ」、ブッシュが答えた。
教室は静まり返り、誰も手を上げようとしない。
ブッシュが言う、「どうしたんだね、みんな? 悲劇の例を挙げられる子は誰もいないのかな?」

ついに後ろの方に座っていた男の子が手を上げた。そして、自信なさそうに言った。「ジョージ・ブッシュ一家を乗せている飛行機が爆弾で吹き飛ばされたら、それが悲劇じゃないですか?」
「素晴らしい」、ブッシュは顔をニコニコさせた。「すごいよ、君。で、教えて欲しいんだけど、どうしてそれが悲劇だと思ったの?」

その子は答えた、「だってこれは事故じゃないし、それに大きな損失でもないと思ったんです」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 15:59:18.77 ID:6WdfPb1E0
>>41
大きな損失じゃないのかwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 15:59:59.89 ID:iO3d+MQmO
>>41
最後の子GJwwwwwwww


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:00:09.55 ID:FURSqSMs0
>>41
そこって大統領夫人じゃなかったっけ?


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 15:59:48.08 ID:BLcI0yRY0
中国海軍の潜水艦が事故にあった。
乗員57名が死亡し、13名が生き残った。
機関の故障で航行不能となり、食料欠乏に陥ったのだ。
潜水艦は曳航されて港に入った。
生存した乗員は思いのほか血色もよく元気そうで、
自分の足で歩いて港におりた。


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:01:36.43 ID:6WdfPb1E0
>>43
わからん><


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:02:18.73 ID:zFfNG0h+0
>>43
人肉食ったってことかw
さりげなすぎw


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:00:30.65 ID:aD2n0veB0
【社会】インターネット利用率ついに70%超に-総務省の実態調査で判明

先月27日に実施された、インターネット利用に関するアンケートでインターネットの利用率が
72%超となっていたことが明らかになった。
竹中総務大臣は「これは政府主導によるIT政策の効果の現れと言っていいだろう」
とのコメントを発表した。

調査したのは、総務省統計局統計センターなど。今年三月にネット上でアンケートを実施し、
約十三万三千人から回答を得た。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:00:52.65 ID:BLcI0yRY0
研究員「社長、ついに薬物の禁断症状を緩和させる薬の開発に成功しました」
社長「よくやった!さっそく工場の方に生産ラインを確保するよう連絡を入れよう」
研究員「いえ、ですが一つ問題が……」
社長「問題?コストのことかね?なーに、薬中の連中は大枚はたいてでもその薬を欲しがるさ、心配は無用だよ」
研究員「それもあるのですが、実は、開発した薬は薬物以上の中毒性があるという副作用を持っておりまして……」
社長「……?その素晴らしい副作用のどこが問題なんだね?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:01:59.93 ID:BLcI0yRY0
「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」
ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。

「何かありましたか?」
「あなたわからないの?黒人なんかの隣には座りたくないのよ!こんな人迷惑だわ」

女性の隣では、黒人男性が憮然とした顔で座っている。

「お客様、少々お待ち下さいませ。空いている席を確認してきます」

乗務員は足早に立ち去り、周囲の乗客はざわざわと不穏な空気。
しばらくして乗務員が戻って来た。

「お待たせしました。ファーストクラスにひとつ空きがありますので、どうぞそちらへ。
本来ならこういうことはできないんですが、隣の席がこんな人では確かに迷惑でしょうと、機長が特別に許可しました。さ、どうぞ」


周囲の乗客は、にこやかに黒人男性を見送った。


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:02:56.68 ID:Xv8C1fE80
>>52
スッチーかっけぇwwwwwww


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:05:51.92 ID:gypIFTbWO
>>52
GJ
ラーメン屋の順番待ちの話し思い出した


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:03:11.37 ID:BLcI0yRY0
子「お姉さん早く!お兄ちゃんが飛び降りちゃう!」
女「大変!まず警備員…いえ119番?」
子「ちがうよ!カメラはどこ?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:04:22.01 ID:BLcI0yRY0
第二次大戦でドイツ軍との前線から戻って来たアメリカ兵がロンドンに向かう列車に乗っていた。
列車はとても混んでいて、空いている席は無いか端から探し回っていたとき、席はあったものの、
そこには中年女のつれている犬が席を占領していた。

疲れきっているアメリカ兵が尋ねた「奥さん、ここに座らせてください」
中年女は見下げた目つきで兵士を見て「アメリカ人ってなんて無礼なの。私の可愛いフィフィちゃんが座ってるのが見えないの?」

アメリカ兵は他の席を探そうとその先の車両に行って見たが、やはり空いている席はそこしかなかった。
アメリカ兵は再度、「すみません。とっても疲れているんです。座らせてください」
中年女は「アメリカ人って無礼なだけじゃなく、傲慢ね。わかってるの!」

アメリカ兵は何も言わず、犬をつかんで窓から放り投げた。
中年女は金きり声をあげて、このアメリカ兵をなんとかしてと叫んだ。

すると席の向かいのイギリス紳士がこう言った

「あなたがたアメリカ人はなんでもわれわれイギリス人と反対のことを好んでいるようだね。
 フォークは反対の手に持つし、車は逆の車線を走っている。
いま窓から放り出すべき奴も違うようだ」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:05:07.79 ID:aD2n0veB0
死刑が決まったナチスの将校に向かって
牧師「最後に何か一つ願いをかなえて差し上げましょう」
将校「では......ユダヤ教に改宗させてくれ」
牧師「えっ?何万人ものユダヤ人をガス室に送り込んだあなたがどうして?」
将校「いいんだ」ニヤリと笑って
   「こうすれば、また一人ユダヤ教徒を処刑できるからな」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:06:11.27 ID:BLcI0yRY0
本日は,ニューヨーク発ロンドン行きBA602便をご利用いただきありがとうございます。私は,機長を務めるシンクレアです。
ただ今,当機はちょうど大西洋の真ん中を高度35,000フィートで航行しております。やや南よりの風。天候は晴天です。
右の窓から機外をご覧ください。エンジンが火を噴いているのが見えると思います。左の窓からは,翼の亀裂が広がっているのが確認出来るかと存じます。
さらに,下の方,遙か海上をご覧ください。黄色い小さな救命ボートに三人の人間が立ち上がって手を振っているのが見えるでしょうか。私と副操縦士とスチュワーデスです。
では,皆様の幸運を乗組員一同お祈りしております。なお,このメッセージは録音です。


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:16:07.13 ID:yG/cT8W/0
>>60
ひでえwwwwwwwwww

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:07:57.60 ID:BLcI0yRY0
チャイニーズは言った 「奴はクレイジーだ」
アメリカンは言った 「奴はスペシャルだ」
ロシアンは言った「奴はデーモンだ」

日本は言った「どうしたの?みんな」
その視線を、日本は気付いていない。

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:09:33.15 ID:uotv9O3C0
>>62
その国が言った最後の言葉の頭文字を取ったら・・・・・・ってやつかw

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:09:09.25 ID:BLcI0yRY0
ドイツで最近、牧師に懺悔してどうしたらよいか尋ねた男がいた。彼はすすり泣きながら言った。

男 「懺悔することがあります。第二次世界大戦の最中、私は難民を天井裏に匿ったのです。」
牧師「それは、罪とは言えませんよ。」
男 「だけど、彼に家賃を払わせたのです。」
牧師「それはさすがによろしく無いことだ。しかし君自身もリスクを背負ったのだ。」
男 「本当にそう思いますか?ああ、牧師様、ありがとうございます。あなたがそう言ってくれた事で
   どれだけ私の良心が救われたことか。しかしながら、もう一つだけ質問があります。」
牧師「それはなんでしょうか?」

男 「彼に戦争が終わったことを教えてあげなくちゃだめでしょうか?」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:09:18.94 ID:aD2n0veB0
変態が8歳の女の子を森深くに連れて行きました。

女の子は
「こわいよぉ」といいながら泣き出しました。

変態は

「こわい?二人なんだから怖くないさ」

でも、と変態はつけたして

「さすがの俺も帰りは寂しくて泣いちゃうかもしれないな…」

67 名前:D死 ◆SCrL.FIKCo [] 投稿日:2007/06/18(月) 16:09:57.30 ID:uAOD2dd3O
諸君、私は差別と黒人が大嫌いだ

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:12:09.32 ID:jORWcFiF0
>>67
吹いた


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:10:50.42 ID:BLcI0yRY0
女 「見て。あの男、あんなブス連れて恥ずかしくないのかしら。」
男 「おい!そんなこと大きな声でいうな!!俺のほうが恥ずかしいだろ!」
女 「ごめんなさい、気を付けるわ。」
男 「当たり前だ!俺のほうがブスを連れてるんだから。」




70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:11:28.67 ID:uotv9O3C0
>>69
その男の付き合ってる女がブスだったわけかw


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:12:44.67 ID:BLcI0yRY0
ある船に火災が発生した。船長は、乗客をスムーズに海へ飛び込ませるために、こう言った。
イギリス人には 「紳士はこういうときに飛び込むものです」
ドイツ人には 「規則では海に飛び込むことになっています」
イタリア人には 「さっき美女が飛び込みました」
アメリカ人には 「海に飛び込んだらヒーローになれますよ」
ロシア人には 「ウオッカのビンが流されてしまいました、今追えば間に合います」
フランス人には 「海に飛び込まないで下さい」
日本人には 「みんなもう飛び込みましたよ」
中国人には 「おいしそうな魚が泳いでますよ」
北朝鮮人には 「今が亡命のチャンスですよ」
大阪人には 「阪神が優勝しましたよ」


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:17:44.12 ID:LxqJXgVfO
>>72
wwww


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:18:52.87 ID:uotv9O3C0
>>72
それは逆に混乱するだろw

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:14:12.68 ID:BLcI0yRY0
ニューヨークのホットドッグ大食い競争で、また日本人が勝ったと聞いた
韓国系アメリカ人は悔しそうにこう言った。
「いくらチョッパリがいい気になっても、ホットドッグの起源はウリナラニダ」
それを聞いた同僚が尋ねた。
「やっぱり犬の肉を使うのかい?」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:15:08.60 ID:aD2n0veB0
アメリカで「第1回犯人逮捕選手権」が行われました。

多数の警察が参加して予選を闘い、決勝に残ったのは、CIA、FBI、シカゴ警察の

3者。決勝戦は、森にウサギを放しそれを捕まえた者が優勝です。

まずはCIAが森に入りました。

CIAは、あらかじめ情報提供者を森に送りこんでいました。そしてありとあらゆる動

植物、虫、石ころにいたるまで聞きこみを行い、目撃証言を集めました。調査は

3ヶ月に及んだものの、結局ウサギは存在しなかったという結論に達しました。

次にFBIが森に入りました。

2週間探しましたが見つからなかったので、FBIはいきなり森に火を放ちました。そ

して問題のウサギはもちろん、一般の動植物もみんな焼き殺しました。ウサギを捕

まえるためには仕方なかったと言って、詫びませんでした。

最後にシカゴ警察が森に入りました。

1時間後、シカゴ警察はひどく傷だらけのクマを連れて森から出てきました。クマ

はおびえた様子で言いました。

「わかった、わかりました。私がウサギです・・・」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/18(月) 16:17:28.77 ID:BLcI0yRY0
日本人とアメリカ人がレストランで魚料理を注文した。
出された魚料理は1匹は大きく、もう1匹は少し小さかった。
日本人が「お先にどうぞ」というと、アメリカ人は大きな魚を選んだ。
しばしの沈黙の後、日本人は皮肉たっぷりに言った。
「もし、私に先に選ばせたら、遠慮して小さな魚を選ぶだろうねえ。」
アメリカ人は答えた。
「何を怒ってるんだい?結果は同じじゃないか」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:17:43.39 ID:fv9TCcgsO
「いいニュースと悪いニュースがある」
「いいニュースから聞かせてくれ」

「この世から差別が消えたそうだ」
「悪いニュースは?」

「それが誤報だったそうだ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 16:19:31.46 ID:zFfNG0h+0
「なあ。きみは患者に恋したことがあるか」

「ああ。医者だって恋はする。たまたま相手が患者だったというだけさ」

「・・・そうか。そうだよな。患者に恋したっていいんだよな」

「なんだよ、もしかしてお前」

「うん・・・立場上、許されない恋かと悩んだこともあったけど、お前の話を聞いて安心した。
患者に恋するのはいけないことじゃない。恋はすばらしい。
恋の炎は誰にも消せやしない」

「でも、お前は獣医だろ」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:21:43.91 ID:aD2n0veB0
犬:
この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる・・・。
この家の人たちは神に違いない!

猫:
この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる・・・。
自分は神に違いない!


女:
男たちは、バッグもくれるし、愛してくれるし
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる…。
自分の前世は美女だったに違いない!

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 16:21:49.10 ID:zFfNG0h+0
さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。
音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。
俺はムカついて思わずわざとテレビを床に落とした。
ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じて俺はふと我に返った。
何やってんだ俺は。このテレビは15万もしたじゃないか。
たまたま落とした場所には布団が敷いてあって
落ちた振動は多少あったが落ちた音は全くしなかった。
たぶん壊れていないだろうと思いながらテレビの電源を入れてみた。
映像は普通に映るのだが、音が全く出なくなっていた。
最悪だ。15万円のテレビまで壊れてしまった。
それにしても今日は外が不思議なくらいに静かだ・・・
気晴らしにちょっと散歩にでも行ってみようかなぁ。


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:23:18.33 ID:A/yc4syi0
>>94
病院行けばすぐ治るよ


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:24:09.13 ID:6WdfPb1E0
>>94
!!!!!!
これ他のスレでみたことある・・・
ヘッドフォン壊れたから直し方教えてくれって流れで・・・
釣りだったんか

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:24:13.67 ID:LxqJXgVfO
>>94
怖いな


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 16:27:40.11 ID:zFfNG0h+0
スーパーで買い物していた男が、
ドッグフードを2缶持ってレジの所へ行った。
キャッシャーが尋ねる、「犬を飼ってらっしゃるのですか?」
「ええ、そうですよ」
「犬はどこですか?」
「家ですよ」
「申し訳ありません。犬を確認しないことには
  ドッグフードはお売りできないんですよ。規則なんです」

次の日はその男、キャットフードを持ってレジに並んだ。
「猫を飼ってるんですか?」
「ええ、でも家に置いてきてますけど」
「申し訳ありません。猫を確認しないことにはお売りできないんです。規則なんですよ」

次の日、その男は茶色の紙袋を持って店に入ってきた。レジに行って、
「この中に手を入れてみて」
「何かしら、柔らかくて温かいわ」
「今日は、トイレット・ペーパーを3ロール欲しいんだ」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 16:30:17.03 ID:A/yc4syi0
>>113
うんこ


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:27:41.40 ID:aD2n0veB0
男「世界には価値がある」
女「私には価値がある」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:27:44.01 ID:jORWcFiF0
朝起きたら犬になっていた。
今日は朝から大事な会議があるのでどうしても会社に行かなくては駄目だ。
服を着ないで外に出るのは気が引けたがしかたがないこの手ではネクタイすら結べないのだ。
そして結局犬の体のまま会社についた私は部下や上司達に自分が犬になってしまったと説明した。
そしたら社長が私の家に電話をかけて私にこう言うのだ。
社長「君はそこまでして会社を休みたいのかね?」


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:30:01.87 ID:uotv9O3C0
>>111
いや、その前に犬が喋るわけないだろw
非現実的なものはブラックジョークには致命的だぞ


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 16:32:46.04 ID:zFfNG0h+0
ある男が出張先の町で財布を落としてしまった。
帰りの飛行機の チケットは背広の内ポケットに入っていたが、
空港まで行く手段が 無かった。
男はタクシー乗り場に行き、1台停まっていた車の運転手に 事情を話した。
「・・・というわけなんだ。家に戻ったらすぐに金を送るから、
空港まで 乗せていってくれないか」
するとタクシーの運転手は男を一瞥して言った。
「金がねぇんなら歩いて行きゃいいじゃねぇか」
どんなに頼んでも運転手は男の申し出を拒否した。
男は仕方なく、空港まで歩いて行った。

しばらくして男が再び同じ町を訪れたとき、
タクシー乗り場に並んでいた車の列の最後尾に、あのときの運転手を見つけた。
男はあのときの冷酷な仕打ちに仕返しをしてやろうと企み、
一番前のタクシーの運転手に話しかけた。
「なあ、フェラチオしてやるからタダで空港まで乗せて行ってくれないか?」
すると運転手は驚いた顔で答えた。
「ふざけるな!俺はホモじゃねぇ!」
男は2番目、3番目のタクシーにも同じように話しかけ、同じような反応を得た。

そして例の運転手のタクシーの番になると、男は言った。
「空港まで頼む」
運転手は男を乗せ、他のタクシーの横を通り過ぎながら車を走らせた。
男は窓から他のタクシーの運転手達に向かって、にこやかに手を振った。


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 16:34:04.15 ID:nsvyrnHi0
>>128
ひでえw


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:36:27.89 ID:yG/cT8W/0
金正日が街外れを散歩している最中にちょうど八百屋を通りかかった。
八百屋の親父は将軍様の突然の訪問に感激して言った。
「ようこそおこしいただきました将軍様。
 どうか好きな野菜を選んで持っていってください。もちろんお代はいりません」

金正日は気をよくして店に入っていったが、数分後カンカンになって出てきた。
「どういうことだ同志? この店にはまったく売り物がないじゃないか!
 あるといえば、腐ったジャガイモが1つだけだ! これでどうやって選べって言うんだ!!」

八百屋は金正日の剣幕に驚きながら言った。

「ちょうど、選挙のように」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:36:55.67 ID:aD2n0veB0
1) 体重が増えた。
2) 意味不明のことを話しまくった。
3) 過度に感情的になった。
4) 運転できなくなった。
5) 合理的に考えることができなくなった。
6) 理由なしに文句を言うようになった。
7) 小便をする際、座るようになった。
8) 明らかに自分が悪いのに謝罪しなくなった。

ビールには極めて有害なホルモンの入っていることが証明された。
だが科学者は公表しなかった。


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:37:39.08 ID:uotv9O3C0
>>143
それはお前が馬鹿だからだろ。
ビールのせいにするなよw


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:37:53.27 ID:FURSqSMs0
馬鹿や気違いの証言は証拠になりません

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:39:28.01 ID:yG/cT8W/0
 ・ブリティッシュ=エアウェイズ機のある日の機内放送。
  「当機はまもなくパリに到着いたします……。ロンドン-パリ間の時差は一時間、
 『デモクラシーの時差』の方は百年となっております」
  これに乗っていたロシア人・ニコライは、イギリス人のユーモアに爆笑した。
 ・別の日のエールフランス機の機内放送。
  「当機はまもなく東京に到着いたします……。パリ-東京間の時差は八時間、
 『デモクラシーの時差』の方は約百年となっております」
  ニコライは、フランス人のひねくれ方に苦笑した。
 ・また別の日のJAL機の機内放送。
  「当機はまもなくモスクワに到着いたします……。東京-モスクワ間の時差は六
 時間、『デモクラシーの時差』の方は約百年となっております」
  ニコライは、日本人の恥知らずなパクり方とロシアに対する誹謗に激怒した。
 ・さらにまた別の日のアエロフロート機の機内放送。
  「当機はまもなくロンドンに到着いたします……。モスクワ-ロンドン間の時差
 は三時間、『デモクラシーの時差』の方はぴったり三百年となっております」
  ニコライは、真実に気づいてショック死した。

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:41:55.63 ID:yG/cT8W/0
ロシアの大統領は祖国の将来に対する国民の信頼度を知りたいと考えて、大掛かりな意識調査を命じた。
閣議で、その結果が責任者から報告された。
「この調査によってわが国民は大きく二つのグループに分かれることが判明しました。
楽観派と悲観派です。
楽観派はいずれは糞を食べることになるだろうと予想しています」
大統領はびっくりして言葉を挟んだ。
「それが楽観派? すると悲観派は・・・」
「悲観派は、国民全体には糞が行き渡らないだろうと心配しています」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 16:42:24.99 ID:zFfNG0h+0
スレタイ:2まで息止める
本文 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/18(月) 15:48:06.64 ID:Q14sjINt0
よっしはじめんぞ

総レス数1
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:43:08.03 ID:FURSqSMs0
>>163
死んだwwww

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 16:43:27.01 ID:nsvyrnHi0
>>163
死んだwww

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:45:12.15 ID:SwvLzCwA0
>>163
ちょwww


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:48:28.71 ID:6WdfPb1E0
>>162、>>163
連続でワロタwwwwwwwwww


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:48:31.09 ID:yG/cT8W/0
ある青年が、らくだと共に砂漠を旅していました。
しかし思った以上に長く続く砂漠に、若い青年の性欲は耐える事が出来ませんでした。
そこで青年は思い付きました。
「そうだ!らくだとやろう!」
青年はらくだの後ろへまわると早速自分のものを入れようとしました。
しかしその時らくだはトトッと数歩前へ。それに青年が近づき再びチャレンジ。
しかしらくだはまたもやトトッと数歩前へ。その後、何度も試したけど同じ事の繰り返し。
青年は行為をあきらめ、再びらくだと旅を続けました。
そしてしばらく歩いていると、なんと前方にきれいな女性が倒れているではありませんか!
青年は女性に言いました。
青年:「大丈夫ですか?」
女: 「あ、、の、のどが乾いて死にそうなんです、、。」
青年はここぞとばかりに言いました。
青年:「じゃあ、水をあげたらなんでも言う事をきいてくれますか?」
女: (ためらって)「はい、言う通りにします……。」青年は水をあげた。
女: 「ああ、ありがとうございました。おかげで助かりました。」
青年:「よし。言う事をきいてもらうぞ。」
女: 「……はい」 青年:「よし。じゃあ、

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:50:04.59 ID:Pz1XSRKy0
「このパラシュート安全なんだろうね。実は開かないなんて事ない?」
「ええ、パラシュートが開かなかったという苦情は一切来ておりません」


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 16:51:54.88 ID:nsvyrnHi0
>>189
こえwwwww


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:53:32.51 ID:iJoaiNlh0
>>194
苦情を出すのは本人だけじゃないだろ。多分そのパラシュートは安全だ


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:51:04.53 ID:NWx9+VbE0
これは良いブラックジョークですね

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:52:27.81 ID:pRMS7SqfO
ある日悪ガキが馬の鼻先にニンジンを吊した。
馬はニンジンを食べようと前へ前へと進み、
目の前の崖にも気がつかず進み続けた。
それを見た猟師がニンジンの紐を撃ち抜いた。
弾は貫通して悪ガキも撃ち抜いた。

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:52:41.19 ID:Pz1XSRKy0
「最近妻がセックスしてくれなくなったんでね、ダッチワイフとしてるんだ」
「ダッチワイフ? いつの間にそんなの買ったんだよ」
「なに、ちょっと首を絞めただけさ」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:55:31.43 ID:Pz1XSRKy0
レントゲン写真を挟んで、医者と患者が座っている。
医「おいくつですか?」
患「もうすぐ40歳になります」
医「ふむ。ならんでしょうな」



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:57:02.29 ID:uotv9O3C0
>>213
なんでだ?それはガンだからか?
でもその患者が40歳になる30分前とかならそんなすぐには死なないからなるだろ


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 16:59:01.02 ID:SulG0JjwO
>>216
テラワロスwwwwwww


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:57:45.34 ID:Pz1XSRKy0
「君に良いニュースと悪いニュースがある。まず君の妻が昨晩死んだ」
「なんだって!? それで悪いニュースは?」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:58:41.51 ID:yG/cT8W/0
「君んちのパパってマジシャンなんだって?」
「うん。こないだも新しいマジックに挑戦してたよ」
「へー、どんなヤツ?」
「身体をチェーンでグルグル巻きにして海に飛び込むんだ」
「凄いじゃん。それでどうなった?」
「うん、今はママが代わりにマジシャンやってる」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 16:59:39.54 ID:TeEGkno70
ボブ「うちのかみさんが病院から帰ってきたら怒ってるんだ」

ジョン「なんでだい?」

ボブ「おとといは風邪だって言われたのに、今日は盲腸だって診断されたんだってよ」

ジョン「で、どうしたんだい?」

ボブ「だから言ってやったのさ。医学は日々進歩してるんだよってね!」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:01:17.04 ID:c8x201Ar0
小さな子が、母親に質問をしていた
「ねぇねぇお母さん、ちっちゃくって、ちゃいろ?あかいろ?そんないろで、ながいまるい形をしたものを見つけたんだけど何かな?」
母親はすぐピンと来たので答えた
「それはあずきって言うの。お赤飯を炊くために買ってきたのよ。」
子供はまだ赤飯を食べたことが無かったのでまた答えた
「お赤飯ってなあに?」
「おめでたいことがあったときに食べるのよ。ご飯に入れるとご飯が赤あくなるのよ」
「そっかあ、楽しみだなあ」

次の日さっそく母親は赤飯を作り始め、子供はそれを見ていた
すると子供は部屋の隅にあずきがいくつか落ちているのを発見した
「勿体無いからちゃんと洗ってこれも入れておこう、本当に楽しみだなあ」

子供の後ろでは、一匹のある虫がカサカサと去って行くところだった

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 17:02:26.61 ID:zFfNG0h+0
ある二人の売れない作家が町でばったりと出会った。
「やあ久しぶり、どう調子の方は」
「それがな、最近頑張った甲斐があってついに読者が二倍になったんだ」
「それはおめでとう。君が結婚したなんて知らなかったよ」


246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:04:41.86 ID:FURSqSMs0
>>244
妻がその作家の作品を読まないとは限らんだろw


248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:05:19.07 ID:yG/cT8W/0
医者が道に落ちている千円札を見つけたが後ろから人が歩いてくるのに気づいて
拾おうかどうしようか迷っていると後ろから歩いてきた坊主がすかさず拾った。
医者「それは私が先に見つけたのに」
坊主「医者が見捨てたものは坊主のものと決まっておる」


250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:05:54.48 ID:FURSqSMs0
>>248
うまい!


254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:06:11.96 ID:Pz1XSRKy0
>>248
ブラックって感じはしないが、上手いな


267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:10:09.52 ID:yG/cT8W/0
哺乳瓶を作ってる工場を見学に来た男の話
工場長「ここが哺乳瓶のゴムの部分を作ってるところです。」

プシューッ ポン! プシューッ ポン! プシューッ ポン!

工場長「あの『プシューッ』というのがゴムを伸ばして形を作ってる音で、
    『ポン』というのが飲み口の穴を開けている音です。」
男「なるほど。ところで向こうの機械は何ですか?」
工場長「今はどこも不景気で、哺乳瓶だけではやっていけないんですよ。
    それでここでは一緒にコンドームも作ってるんです。見ますか?」

プシューッ プシューッ プシューッ ポン!

男「あれ?コンドームには『ポン』はいらないんじゃないですか?」
工場長「いやね。たまに『ポン』があったほうが、哺乳瓶の売り上げが
    伸びるんですよ。」


277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 17:13:05.97 ID:nsvyrnHi0
>>267
普通に面白いw


281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:14:03.82 ID:ijI/4VuJ0
38歳の弟のことです。
もう7~8年、定職に付かず家にいます。
以前から、姉である私に対して、幼稚な嫌がらせをしたりしていましたが、最近はそれがエスカレートしております。
私の部屋と弟の部屋は、本来続き間ですが、襖を閉め家具を置くことで分けております。
建具では、壁のような防音効果は無く、お互いの立てる物音が、全て筒抜けになります。
平日の弟は、私が起きる時間より1時間~30分早く、大音量で目覚ましをセットして起きます。
私が起きて階下へ降りると、後から降りてきます。
私が二階へ上がると、直ぐに二階に上がって着来て、私の部屋の前で気味の悪い声を上げて笑い、自分の部屋のドアを勢いよく閉めます。
朝の支度で、何度も二階と一階を行き来する時も、その度に同じくついてきます。
洗面所を使うと、直ぐ後に洗面所を使います。
手が汚れたりして洗いに行くと、直後にまた弟が手を洗いに行きます。
仕事から帰り、夕食を摂っていると、キッチンに近い洗面所で、ゲエゲエと気持ちの悪い音を立てながら、歯磨きをしにきます。
食欲の無くなる音なので、磨き終わってから食べようかと席を外すと、歯磨きを止めて、再び私が食事を始めるとまた歯磨きに来ます。
私よりも先にお風呂に入りたいらしく、常にタイミングを見ています。
私の直前に入った時は、お湯をかき出して変わりに水を入れていたり、とても入れないくらいの熱湯にしたりと、嫌がらせをします。
夜中にお風呂に入り二階に上がると、電気の消えている一階のどこかで弟が待っており、直ぐに二回へ上がって来て、気味の悪い笑い声を上げていきます。
夜中に水を飲みに一階に行き部屋に戻ると、こっそりつけて来ていた弟が一階から上がってきます。
私が休もうと電気を消すと、それまでテレビを見て笑っていても、直ぐに電気を消して、バタバタと一通り大きな音を立ててから眠るようです。



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:15:17.09 ID:ijI/4VuJ0
私の休日には、いつにもまして早起きし、早朝から大音量でラジオをかけます。
私が起きるまで、ラジオは止めません。
それでも起きないと、掃除機をかけはじめます。
なるべく大きくて嫌な音が出るように工夫しているらしく、ガラスの上をキイキイさせながら何十分も掃除機をかけたり、同じ場所を1時間以上掃除機で吸っていることもあります。
ドアも、壁にかけてある物が弾むほどの勢いで開け閉めします。
私が完全に起きると、音は止みます。(私は耳栓を使っています)
そして私が休みの日だけ、布団を干します。
物干し竿を全部使い、ありとあらゆる物を干し、私の物が干せないように塞いでいきます。
雨上がりでも干しています。
またある日は、天気が良くても布団を干しません。
私が干していると、網戸に張り付くようにして見ており、また気味の悪い声を上げて笑います。
私が掃除機をかけていると、急いでやって来てその廊下に座り込んで動かなかったりします。
他にも、毎日細々とした嫌がらせを沢山受けています。
今は、完全に無視して暮らしていますが、いつまでもこんな事を続けていると、私の方がおかしくなりそうです。
無視していても、何かが弟を激高させて、激しく殴られたり首を絞められたりした事もあります。
家に男性は弟しかおらず、誰もいさめる事ができません。
他に、蚊に刺される事を異常に嫌い、夏は家中蚊取り線香を炊いて歩いています。
これだけの異常行動をするのは、統合失調症などの精神病なのではないかと思いますが、いかがでしょうか?



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:16:33.35 ID:ijI/4VuJ0
林: 事実がこのメールの通りだとすれば、あなたのおっしゃるように、弟さんは統合失調症の可能性があると思います。
しかし、どうもこのメールの内容は解せないところがあります。
 弟さんが統合失調症で、あなたに対して何らかの妄想を持っていると仮定しますと、ここに書かれているように、あなたの行動を監視し、いちいちそれに合わせて嫌がらせをするという手の込んだ形は、ちょっと考えにくい行動です。
 しかも長い期間に渡ってあなたがそれを無視してそれなりに生活をされているというのも想像しにくいところです。
そして、「○○が自分の行動を監視し、いちいちそれに合わせて嫌がらせをする」というのは、統合失調症の方の典型的な被害妄想の訴えでもあります。

まさかとは思いますが、この「弟」とは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか。もしそうだとすれば、あなた自身が統合失調症であることにほぼ間違いないと思います。
 あるいは、「弟」は実在して、しかしここに書かれているような異常な行動は全く取っておらず、すべてはあなたの妄想という可能性も読み取れます。この場合も、あなた自身が統合失調症であることにほぼ間違いないということになります。

いや、それは全くの的外れかもしれませんが、可能性として指摘させていただきました。メールの文章だけしか情報がない精神科Q&Aの、これは限界とお考えください。



精神科Q&A 家の中にストーカーがいます
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa1087.html

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:18:35.20 ID:bmTCOniPO
警官「どうしました?」
少年「大変なの!早く来て!」
警官「何が起きてるのか教えてくれないか?」
少年「お父さんと知らないおじさんが喧嘩してるんだ!早く!」

駆け付けた警官が目にした光景は少年が言っていた通り
二人の男性が揉みくちゃになり殴り合っていた

警官「少年 君の親父さんはどちらだい?」
少年「わからないの それが原因で喧嘩になったんだよ!」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:38:17.24 ID:c8x201Ar0
ある部族の雨乞いの儀式は、行えば必ず雨を降らせることができるという。
それを聞いた私はいてもたってもいられなくなり、丁度日照り続きでまさい雨乞いの儀式を行っているというその村に来たのだ。
だが儀式を見ていても一向に雨は降らない。騙されたと思いつつもせめて儀式が終わるまでは待つことにした
しかし数日、数週間待っても儀式は終わらなかった
「一体いつまでこんな儀式を続けるんだ」
「雨が降るまでに決まっているじゃないですか」


330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:39:01.17 ID:bJAGKKCSO
始めの数レスだけ見て言うけど、ジョークアヴェニュー
とかいうサイト見ればいいじゃん

ここのコピペばっかじゃねーか

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 17:42:42.41 ID:qW8dnf0X0
医者「今日貴方を呼んだのは他でもありません、悪い知らせと、もっと悪い知らせがあります」

患者「じゃぁ、悪い知らせから教えてください・・・」

医者「あなたの病気はもう治りません、もってあと二日でしょう・・・」

患者「ええ!・・・なんということだ ・・・それより悪い知らせがあるというんですか!?」




医者「それを昨日言い忘れたんです」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 18:02:42.28 ID:cqwk+aod0
ローカルネタでスマソだが、実際にあった会話をひとつ。

A「最近よく電車止まるよな」
B「ああ、しかも各線とも毎度同じような原因ばかりでな。進歩がねえよな」
A「武○野線は風に弱い」
B「うん、高架が多いから強風の日はよく止まるよな」
A「南○線は雨に弱い」
B「確かに。こっちは逆に切通が多くて大雨だと水が溜まりやすいからだな」
A「そして中○線は」
B「○央線は?」
A「人に弱い」
B「…」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 18:05:16.48 ID:NZA32BVpO
>>338
千葉県民乙

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 18:48:29.59 ID:conJpUPz0
この間ラーメン屋で30分待ちで並んでいた時のこと

この間ラーメン屋で30分待ちで並んでいた時のこと
前にいたオバサンが携帯でなにやらゴソゴソ話をしていた。
別に聞く気は無かったのだが、どうも買い物している友人に
今からラーメン食べるところだからこいということらしい。
それから20分位経って俺の番まで後5人位になったとき
オバサンの友人が二人現れ、こっちっこっちと呼ぶオバサンの後ろ私の前へ
何のためらいも無く割り込んできた。
あまりのずうずうしさに唖然としたが、どうにも腹の虫が収まらず
「非常識でしょう、割り込みは」と文句を言ったら
「最初から彼女たちの分も取っていたんです」と並んでいたオバサンに平然と言い返されたれた。

それを見ていたオバサンの前に並んでいた20才位の学生さんらしき彼が
私を始めその後ろに並んでいた14・5人に向かって一言
「いやー久しぶりです 皆さんの分取っておきましたから私の後ろへどうぞ」

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 18:52:40.79 ID:ch71jPabO
>356
実話ならなんか感動した


360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 18:52:25.31 ID:conJpUPz0
もう何年も前になる。
中学生の弟が鏡の前で一人で笑ってるのを見掛け、吹き出しかけた。

服や髪に気を遣いだし、彼女が出来たと喜んでた時期だった。
だから、今度は笑顔を作る練習でも始めたのか?と考えた。
9つ離れてるから弟が生まれる前から知っていて、あの赤ん坊が
大きくなったもんだと、兄貴面して見なかったことにしてやった。
その後もそういう姿を幾度か見掛けた。

どれだけ経ってか、弟と喋るうちにやっと理由が分かった。

前に法事で親戚が集まったときに、みんな口を揃えて
「○○(弟)は笑ったらお父さんにそっくり!」って言ってたんだよ。
俺から見ても、確かによく似てる。父が死んだのは弟がまだ幼い
ときで、弟は父の顔を憶えていない。


363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/18(月) 18:57:01.31 ID:lbdT2XmUO
>>360
感動した


365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/18(月) 18:59:29.14 ID:ZFNjK3V50
>>360
黒くねーし笑えねーけど感動した。


スポンサーサイト
[ 2007/06/18 21:06 ] 2ch系 | TB(0) | CM(1)
更新止まってる?
[ 2007/06/29 12:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YUURI

Author:YUURI
来て頂き、ありがとうございます。

☆★はじめまして☆★

YUURIのプロフ




お気に入りに追加



コチラ押していただけるとすごく嬉しいです^^

スペシャルサンクス★2ちゃんねるの方々★

PR

ランキング

ブログパーツ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。