kyukeinojikan

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ポケモン世界】最近、毎日夢の続きを見るんだが・・・   タケシ 

最近、毎日夢の続きを見るんだが・・・   リエ



55 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 22:07:22.13 ID:723dLA/t0
その姿が不覚にも少し格好良く見えてしまった

えっと確か、名乗るときは
出身地を名乗るんだっけ?

俺「そう、私はシンオウ地方カンナギタウンのシロナ
ニビジムのリーダータケシにポケモン勝負を挑みに来ました!

適当にアニメでサトシが言っていたセリフをマネして言ってみる

タケシはコチラを振り向き
「・・・・・・」ボーっとしている
そして、タケシがピクっと動き
いきなりコチラに向かって走り出してきた!

タケシは俺の目の前で止まり
俺の右手を取り

タケシ「初めまして、美しいお姉さま!
私はニビジムのタケシと申します!
俺とお付き合いして下さい!!

とか述べた

俺はそれに底知れない悪寒を覚え
反射的に右足でタケシの腹部を蹴ってしまった



↑ここポチっとお願いします^^ 56 : 秘書(樺太):2007/04/02(月) 22:07:51.40 ID:bnKwwrCEO
タケシwwwww


57 : マジシャン(ネブラスカ州):2007/04/02(月) 22:10:47.80 ID:3TVLvy3LO
テラタケシwww

wktk



58 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 22:13:05.66 ID:723dLA/t0
俺「あ・・・ごめんね、つい反射的に・・・」
一応謝ってやった

タケシはぐぐっと立ち上がり
「くぅ・・・釣れない方だ・・・しかし、その姿勢もまた美しい!!」

俺「それは良いので、真面目に勝負しましょう」
スルーすることにした

タケシ「な・・・なら!俺が勝ったら付き合ってして下さい!!」
俺「はいはい」
奴の言葉には基本スルーっと・・・

タケシ「うぉおおおお!やる気が出てきた!!行け!ゴローニャ!!

俺(ゴローニャ何て持ってたのか・・・)
俺はミロカロスを呼び出すことにした

初めてミロカロスを読んだが、その姿は、とても綺麗だった



59 : 留学生(岩手県):2007/04/02(月) 22:13:45.47 ID:5OY4XGy70
おもしろい!
文才あるなあ・・


61 : 住職(千葉県):2007/04/02(月) 22:15:20.16 ID:XsI9zneD0
ポケモン初代しかやってない奴のために
新しいポケモンの特徴とか誰か書き上げてくれ


63 : 県議(埼玉県):2007/04/02(月) 22:16:33.80 ID:YrvYDmZ70
>>61
ttp://zapanet.info/pokemon/dp/296.html


64 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 22:20:19.49 ID:723dLA/t0
タケシ「ゴローニャ!転がれ!!
タケシはゴローニャをフィールドに転がさせ
砂煙を起こした

俺(このままでは、砂で相手が確認できないな・・・)
俺「ミロカロス、なみのりで砂を固めて」

ミロカスは声を上げ
なみのりを使った

正直俺は
(なみのりとは言ったが、どこから水が来るんだか・・・)
と思っていたが
何と次の瞬間
ミロカロスの足元から
大量の水が湧き出し
ミロカロスはその水を一気に相手のいる方へ
流し込んだ

流れてきた大量の水のせいでフィールドに散乱していた、砂煙を一気に覆い
地面を固めた



67 : 配管工(アラバマ州):2007/04/02(月) 22:24:41.15 ID:H4ss/RrV0
えーと・・・これマジな話なのけ?小説って感じでいいのか?


68 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 22:28:57.03 ID:723dLA/t0
>>59
ありがとうございます、楽しんで頂ければ光栄です

本文

タケシ「くっ・・・仕方ない、ゴローニャ!突進だ!!」
ゴローニャが勢いをつけてミロカロスに突進してきた!

俺「ミロカロス、冷凍ビームを地面に」
俺の考えはこうである
水ぐちゃぐちゃになった地面の上をゴローニャが転がってきている、
普通なら泥を跳ねて突進してくるだけだが、

ぐちゃぐちゃになった地面の上を凍らす事で、地面がガタガタになる
それでゴローニャの軌道を逸らし、壁にぶつけ様という魂胆である。

案の定、ゴローニャは氷でガタガタ+ツルツルになった地面の一部で
軌道を逸らし、思いっきり、ジムの壁に当たって砕けた

タケシ「ゴローニャ!?く・・・戻れ・・・よくやったぞ、行けイワーク!


69 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 22:36:45.71 ID:723dLA/t0
>>67
この話は、実際に私が夢の中で体験した話です。
夢の中での話なので、小説感覚で読んでくださって構いません。


本文
俺「ミロカロス、冷凍ビームで先制攻撃

召喚されたばかりのイワークに対して、
ミロカロスは冷凍ビームを放った

タケシ「イワーク!地面を掘るだ!!

不覚だった、先ほどの冷凍ビームではタケシのいる方まで地面が凍らなかったのである。
イワークは冷凍ビームを避け、地面の中で待機している

俺「ならミロカロス、なみのりで待機状態・・・
っと支持をしたとした瞬間

ミロカロスの足元から
イワークが飛びだし


タケシ「イワーク!そのままからみつけ!!」
イワークはミロカロスにからみつこうとしたが、
なみのりの水がミロカロスの体を覆っており、ミロカロスはイワークのからみつくから
滑るように脱出した。



70 : 秘書(樺太):2007/04/02(月) 22:37:07.26 ID:bnKwwrCEO
ミロカスとかひでぇwwwwwwwwww


71 : 配管工(アラバマ州):2007/04/02(月) 22:39:08.28 ID:H4ss/RrV0
>>69
把握した。ポケモン初代しかやったことないけどおもしろいよ


72 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 22:47:17.98 ID:723dLA/t0
脱出したミロカロスに
なみのりを支持した
タケシ「イワークもう一度穴を掘るだ!!」
しかし、
地面が凍っており、上手く穴を掘れない

その隙に
なみのりが成功し、イワークは倒れた
タケシ「強い・・・しかし俺も負けるわけにはいかない!貴女を手に入れるために!!
頼むぞ、ハガネール!!

俺(ハガネールとか本当にこいつタケシかよwww)
俺は一度ミロカロスを戻し
トリドトンを召喚した。

タケシ「流石はシンオウ・・・見たことのないポケモンばかりだな
ハガネール、硬くなれ!」

俺「トリトドン、濁流!
トリトドンの放った濁流は
泥のなみのりと言ったところだろうか
思いっきり、上から被ったハガネールは
視力を失い、暴れ始めた。



73 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 22:54:45.15 ID:723dLA/t0
>>70
ミロカロスに脳内変換よろ・・・
>>71
そう言ってもらえると、嬉しいです

本文
タケシ「ハガネール!?」
俺「トリトドン、ヘドロ爆弾で止めを」
ヘドロ爆弾は
ハガネールに命中し、ハガネールはジュワジュワという音を立てて、
倒れた
ところどころ、溶けかかったハガネールをみてタケシは
「俺の・・・負けだ」
と片膝をついた

タケシ「貴女は、強いな・・・それに美しい。これを」
とタケシはグレーバッジを俺に手渡した
手渡す際、手を触ってきたので
平手討ちをしておいた。

俺は「それじゃ」
っとそっけなく、言い放ち

リエを呼び、ジムからさっさと出た
タケシが後ろで泣いてるような感じがしたが、気のせいだと思う


74 : 建設作業員(catv?):2007/04/02(月) 22:56:54.59 ID:LOyJZ4isQ
夢の話とか嘘つく必要ないのでは?


75 : 人気者(兵庫県):2007/04/02(月) 22:57:28.15 ID:YKIScqM20
>>73
鋼に毒は(ry


76 : 整体師(神奈川県):2007/04/02(月) 22:58:21.29 ID:xyKlGBT+0
別におもしろく読めれば嘘でもなんでもいいじゃないか


77 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 23:03:28.76 ID:723dLA/t0
ジムから出た俺達

リエ「おめでとうございます!凄かったです。これがシンオウのチャンピオンの実力なんですね!!」
と目を輝かして言ってきたが
正直、このポケモンは元のシロナが育てたものであって。俺は少し罪悪感を覚えた

俺「ありがとう、それじゃ次はハナダに向かおうか」
リエ「はい!

と、ハナダを向うことにした。

俺「ハナダに行くにはオツキミ山通らないといけないんだっけ?」
リエ「そうですねー」
俺「それじゃ、準備してから行こうか」
リエ「はい!」

ポケモンセンターの前に着いたとき
リエ「私はショップに行って、用意してきますので。シロナさんはポケモンセンターで待っていてください」
俺「それじゃ、頼むね」



78 : 偏屈男(ネブラスカ州):2007/04/02(月) 23:06:19.97 ID:OUdlvuzqO
おもろいなぁ


79 : 養豚業(樺太):2007/04/02(月) 23:07:14.01 ID:zrTkEg5gO
今日もあるのかwwwwww
期待


80 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 23:16:11.77 ID:723dLA/t0
>>74 >>76
そんな、凝って読まなくっても良いですよ
軽い感覚で読んでください。

>>75
ヘドロだからじゃね?wwwww
とは言っても、溶けていたのは一部だけでしたし、止めを刺す程度なら十分でしょう


本文
俺はポケモンセンターのロビーで待っていた
約20分後
入口からリエが入ってきて
「準備できました、はい、これシロナさんの分です」
俺はリエに礼を言い、お金を渡した

俺「それじゃ、行きましょうかー」
リエ「早く行かないと日が暮れちゃいますもんね」
俺達はポケモンセンターを出て、ハナダシティを目指した

出発して30分位が立っただろうか?
近くにお月見山が見えてきた
俺(へぇ・・・お月見山ってこんなに大きかったんだな・・・)
とか思っていると

???「そこの二人トレーナーだな!?どっちか俺と勝負だ!!
声のした方を振り返ると
短パン小僧が1人



81 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 23:25:19.45 ID:723dLA/t0
>>78
進むスピードかなり遅いですが、それだけは勘弁してくださいね
>>79
今日もあるんだぜ

本文
リエ「シロナさん、私にやらせて下さい!」
俺「ん・・・別に構わないけど大丈夫?」
リエ「はい!私が相手になります!」

小僧「ねぇちゃんが相手か!行けオニスズメ!!」
リエ「ポニー頑張って!」

相手はオニスズメ、リエはポニータ

小僧「オニスズメ!ふきとばし!!」
リエ「ポニー踏ん張って耐えて!」

どうやら、ポニータは耐えたようである
小僧「ちっ、オニスズメ、ひっかく!」
オニスズメは一気に急降下し、ポニータを引っ掻いた
ポニータに直撃

少し大きな傷が出来てしまった



82 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 23:29:39.89 ID:723dLA/t0
リエ「ポニー!?大丈夫?」
ポニータはしっかりとした声で自分は大丈夫だ!と言わんばかりに鳴いた
リエ「うん、ポニーひのこ!」

ポニータのひのこは飛んでいるオニスズメに命中し
オニスズメの左羽を焦がした

オニスズメは左羽を動かせなくなり
地面に落ちた
小僧「オニスズメ!体当たりだ!!」

小僧はオニスズメに体当たりを支持するが
リエも同じく体当たりを支持、
どうみても体格差があり
オニスズメはポニータに当たり、吹っ飛んだ

ダウンしたオニスズメを見て
小僧は「ねぇちゃん強いな・・・」と負けを認めた
小僧から、250円を受け取ったリエ
リエはポニータを褒めながら、傷薬を塗っていた。

俺「おつかれさま」
リエ「あ、ありがとうございます。あの・・・どうでしたか?」
俺「ん?あぁ、結構良いバトルだったよ」
とりあえず、褒めておいた
リエは少し嬉しそうにしていた

ポニータの傷を処理し、休憩を終えた俺達は
すでにお月見山の前まで来ていた。


83 : 秘書(樺太):2007/04/02(月) 23:30:32.61 ID:bnKwwrCEO
タケシ可哀想ってレベルじゃねぇぞ!!
ってかリエ萌え


84 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 23:41:54.71 ID:723dLA/t0
オツキミヤマの中は所々舗装されており、電気も通っており
結構快適に動けた

途中4人のトレーナーと出会いバトルになったが
1人をリエが残りの3人は俺が相手になり、勝利を納めていた
バトルの内容は、特に面白みもないので、省略させてもらいます。

丁度出口が近付いてきたと思われる頃、
目の前に
何所かで見たような格好をした奴らが・・・
そう、胸にRの文字が入った奴ら「ロケット団」である
しかし、アニメの様にムサシやコジロウはいない
居たって普通の下っ端の様だ
とりあえず、無視して出口の方へ歩いて行くと

R団A「おい、そこのお前ら。こんなところで何してやがる」
R団B「ここが俺達の縄張りだと知って歩いてんのか?ここは通行料5000円だぜ?」
と馬鹿みたいなことを述べていた



85 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 23:47:15.55 ID:723dLA/t0
リエ「なんなんですか!あなたたちは!?」
R団A「俺達はあのロケット団だよ」
リエ「悪事ばかり働いているロケット団!?」
R団B「そうだよ、ここ通りたいなら5000円渡しな」

なんともいえない位ガキっぽい奴らである、
良い大人の癖に子供から金を取ろうとするとは

R団B「オラオラ!払えないないんなら、身ぐるみおいて行けや!」
とR団Bがリエに手を伸ばし、リエの服を脱がそうとした
リエは怯えて声も出せない様であった

俺「仕方ない」とミカルゲを呼び出し
特性である、プレッシャーをロケット団達に与えた

プレッシャーで動けなくなった、ロケット団達を無視して、
俺はリエの手を引張り、
出口に向かって走り出した。




86 : 配管工(アラバマ州):2007/04/02(月) 23:48:26.15 ID:H4ss/RrV0
エロい展開になるんじゃなかったのかwww


87 : 秘書(樺太):2007/04/02(月) 23:48:42.84 ID:bnKwwrCEO
流石ロケット団www
ってただの変態じゃねぇかwwwwwwww


90 : ロマンチック(北海道):2007/04/02(月) 23:58:21.23 ID:723dLA/t0
>>86
エロイ展開とは、オナヌーの話ですか????
オナヌーは夜の話なんだぜ


>>87
馬鹿と阿呆しか居ないのがロケット団だと思いますwwww

本文
何とか出口に戻った俺達

リエが
「はぁはぁ・・・怖かったです・・・」
とか言っていたので適当に頭を撫で、慰めておいた

俺はミカルゲをボールに戻し、俺達は
ハナダシティを目指した

程無くして、ハナダについたが
その大きさに驚いた
トキワやニビの2倍はあるんじゃないかという大きさであった

リエ「それじゃ、ここでお別れですね・・・私は自分の家に戻りますので」
俺「ハナダ出身なの?」
リエ「はい!すぐそこにある家が私の実家です!!
とリエは少し遠くになる、家を指差した



91 : 偏屈男(ネブラスカ州):2007/04/03(火) 00:01:57.75 ID:mLw76wppO
追いついた
俺もポケモンの世界行きてぇ!!!


92 : 二十四の瞳(北海道):2007/04/03(火) 00:06:03.92 ID:jUg9BIb+0
>>88
うpする速度が遅いのが最大の欠点なんだぜよ

>>89
たけしってひらがなで書くと
世紀末リーダー伝たけし、しか思い出せない件について

本文
リエ「あ!今日は何所に泊まる予定なんですか?」
俺「えーっと、ホテルとかが無ければポケモンセンターに宿泊する予定だけど・・・」
リエ「・・・あの、もし良ければ私の家にきませんか?」
俺「うーん・・・」
リエ「あ!ご迷惑でなければですけど・・・嫌ですか?」

リエは少し困った顔で俺に言ってきた
その顔があまりにも可愛く、俺は思わず
「嫌じゃないよ、じゃー宜しくお願いしても良いかな?」
リエはパッっと笑顔を見せて
「はい!」と一言返事をした

その後、リエに18時頃には行くと伝え
リエは家へと向かった


スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YUURI

Author:YUURI
来て頂き、ありがとうございます。

☆★はじめまして☆★

YUURIのプロフ




お気に入りに追加



コチラ押していただけるとすごく嬉しいです^^

スペシャルサンクス★2ちゃんねるの方々★

PR

ランキング

ブログパーツ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。